金融ADR
金融ADR制度について
法改正について
登録業者に求められる
対応について
金融ADRサポートプラン
Q&A
用語解説
改正法・内閣府令
   
金融ADR
会社案内
お問合せ
 
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


 
金融ADR制度について
■金融ADR制度の目的

金融分野において、投資家保護の観点から、金融商品取引法において適合性の原則等の業者に求められる行為規定が規制されているが、金融商品の多様化・複雑化に伴いトラブルも増加傾向にあります。

このような状況において、トラブルを訴訟によって解決することも可能ですが、訴訟となるとコストや時間などで両者にとって大きな負担となりえます。

そこで、司法制度改革以降、各分野にて拡がりを見せている「裁判外解決手続(ADR)」を利用することによりコスト面や時間面などにおいて大きな負担をかけずにトラブルを解決していこうとするのが、この金融ADR制度の目的です。

■金融ADR制度の概略

金融商品取引業者(第一種金融商品取引業者、第二種金融商品取引業者、投資運用業者、投資助言・代理業者)は、行政庁から指定を受けた紛争解決機関と「紛争解決手続実施基本契約」を締結し、当該金融商品取引業者について生じたトラブルについて、顧客は紛争解決機関に対して紛争解決の申請を行い、紛争解決機関が中心となってトラブルの解決を図ります。

 
 
 
 
 
 【免責事項】
 法改正には出来る限り早急に対応しておりますが、現在の法令と連動していない場合もあります。
 なお、当サイトの内容によって生じた損害等につきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.